• 東京新聞ウェブ

茨城

<終盤情勢>自民・上月がリード 2番手に立民・小沼

2019年7月18日 紙面から

 自民現職の上月が、保守地盤を固めてリードを広げる。二番手争いは立民新人の小沼が他候補に一歩先んじ、維新新人の海野、共産新人の大内が追う展開となっている。

 上月は、千二百を超える企業・団体などから推薦を得て安定した戦い。前回を上回る六十万票を目標に地方議員を総動員、公明支持層にも浸透して圧勝すべく票の上積みを図る。

 小沼は、旧民進系の候補の一本化の調整などで出遅れた。その過程で国民との間に溝ができたが、社民と支援団体・連合茨城の支持を取り付け、日増しに知名度を上げつつある。

 海野は元那珂市長、大内は元県議などの経歴を持ち一定の知名度はあるが、東海第二原発(東海村)の再稼働反対の訴えが小沼を含めた三者で重なるなどで伸び悩む。「NHKから国民を守る党」新人の田中は支持が限定的だ。

主な政党の公約

新聞購読のご案内